任侠ヘルパー 第2話 感想

任侠ヘルパー 第2話 2009.07.16 放送の感想

任侠という名のもとに、極道を美化していたり、ヘルパーさんの様子で誇張部分があったりと、問題はあるのかもしれませんが、老人介護の現場をこういう形でドラマにするというのは、介護について皆に知ってもらう、考える機会を与える、という意味ではいいドラマだと思います。

初回のドタバタから一転し、ちゃんと介護の問題を取り扱う意思がスタッフにあるんだなーと今回の放送では伝わってきました。

オムツ、効率を考えれば確かに便利なのでしょう。

スポンサードリンク

そして自分が実際に世話する側にたってみれば、その手間の違いがはっきりわかるのでしょう。

でもお年寄りの誇り、プライドみたいなものとか、ライフオブクオリティみたいなものを考えれば違う回答なのでしょう。

今回のような展開はドラマ仕立てではありますが、題材というか目のつけどころはいいですよね。

自分が実際におむつ生活を体験し、その不快感を味わったら・・・と自分のことに置き換えて考えられるかどうか、そして、世話をする側にたってみて、どうなのか、自分の親の年代がもう年寄りなので、そう遠くないうちに介護の問題は発生すると思っているので、いろいろ考えさせられました。

ところで、子供店長、かわいいですね(笑)

スポンサードリンク

サイト内関連記事

任侠ヘルパー 第1話 感想
任侠ヘルパー 第1話 2009.07.09 放送の感想 突拍子もない設定のドラマ......
任侠ヘルパー 第3話 感想
任侠ヘルパー 第3話 2009.07.23 放送の感想 今日の放送はちほう症の介......

▲このページのトップへ

HOME

携帯版のQRコード

任侠ヘルパー.net:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://dramajp.net/ninkyohelper/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。